タイミングベルトを如何にして

私はガソリンスタンドで、低価格の車検をしてもらい、大変助かったので、主人の軽自動車もそこでお願いしようかと見積もりをしてもらいました。
私の車は普通車のコンパクトカーで、特に修繕する必要があった部品も無く、なんと6万円台で全ての費用が賄えました。
ところが、主人の車の方は12万円もかかるようでした。

 

軽自動車の方が費用が高くついた理由は、タイミングベルトなどベルトを一式取り替えなければならなかった為です。
他のガソリンスタンドの店員さんも、「ベルトを変えるなら、表に書いてある値段より、5万円位は高く想定しておいて下さい。」と言われました。

 

となると、10万円以上は確実にかかるなあと思い、覚悟していたのですが、主人の知人が整備工場で働いていて、その人が言うには、「お店ではベルトを仕入れるのに費用がかかってしまって相当な値段になってしまうが、うちなら整備工場だからベルト等部品自体の値段が安くて済むよ。」と言ってくれました。
結局、そこでお世話になる事になりました。

 

主人の車はだいぶ年数が経っていたので、ベルト一式以外にも、ラジエータやベアリング、ウォーターポンプなども交換しましたが、10万円をきる値段で済みました。持つべきものは整備工場の友だなと、改めて主人の知人に感謝しました。

車検の費用を抑える-ETCで維持費をなるべく抑えよう!関連ページ

車検は大きな出費
安い車検はどう?